SAMBAR

社員インタビュー

インタビューVOL.12

2017/10/24 13:33 Published by

第12回は、今年の4月に入社し、フィリピン子会社で二か月働いていた林さんにインタビュー。現在は日本でゲームライターとチームリーダーを兼任している。ゲーム業界に入ろうと思った動機や、今後の活動について考えていることなどを聞いてみた。   ―現在の仕事内容と、そのやりがいは? SAMBARの自社サイト『サムライゲーマーズ』の記事を書くゲームライターとしての業務と、他のゲームライターが書いた記事をチェックするリーダー業務を主にやっています。入社してまだ半年ですが、本当にいろんな経験させてもらっていて、それが仕事へのモチベーションの維持につながっているなと思っています。もちろん仕事で悩むことやしんどいこともありますが、マイナスな苦しみではなく、プラスを生み出していくための悩みやしんどさなので、やってて楽しいです。あとは、僕の好きなゲームジャンルがシューティングゲームなんですが、いまはその担当ができているのも楽しいです。仕事としてやっているゲームがプライベートでやっているゲームと同じだったりすることもあり、そういうつながりもやりがいになっています。 ー最近まで、フィリピンにいましたよね? そうですね、今年の夏に、二か月ほど滞在していました。社長の堀池さんから、「フィリピン行く気ないか?」と直接聞かれて、「興味はあります」と答えたら、「じゃあ行こう」ということになって。その時の仕事内… 続きを読む

インタビューVOL.11

2017/10/17 10:02 Published by

第十一回は、半年前からフィリピンの子会社でマネージャーとして働いている富迫さんにインタビューした。仕事内容、海外での生活、自身の今後についていま考えていることなどを聞いてみた。 ―現在の仕事内容や役割は? 半年前からフィリピンの子会社で仕事していて、マネージャーのような役割で働いています。日本ではゲームライターをしていましたが、今は記事は全然書いていないですね。フィリピンにはライターが10人いて、彼らに指示振ったりスケジュール調整したりといった管理側の仕事をしています。もう少し具体的な仕事内容を見てると…雑用だな、もはや。 ーもともと英語は話せるんですか? それが、全然話せなかったんですよね。今も、聞き取りが多少マシになったかなという程度です。 ーフィリピンにいくことになった理由は? 白羽の矢が立ったという感じですかね、あとはフィリピン子会社代表の福山さんと以前東京でお会いしたことがあったのでその縁もあったり、その時の状況でちょうど海外にいけそうだったのが僕だったりしたという感じで。 ーフィリピンでの生活、休日の過ごし方はどうですか? フィリピンの、マニラ内の都市でケソンシティというところに住んでいます。外資系企業が集まっているオフィス街なので、安全かつ綺麗なまちです。食事も結構安いほうかと思います。普通に生活するには困らない街です。休日の過ごし方は、日本にいたころのように友達と会… 続きを読む

インタビューVOL.10

2017/10/10 17:32 Published by

記念すべきオフィス移転初日に、今年の五月から働いているへびたんさんにインタビュー。SAMBARのゲームライターになった経緯やゲームに対する考え方、将来やりたいと思っている仕事内容などを語ってもらった。 ―現在の仕事内容は? 『FF14(ファイナルファンタジー14)』の攻略ライターをやっています。『FF14』は会社としても入社とほぼ同時期にやり始めたゲームで、入社当時から今までずっとこれをやってきています。 ―入社五か月目ですが、会社にはもう慣れましたか? 本当につい最近、やっと慣れてなじめてきたのかなという感じはしています。オフィスも今日移転したばかりで、環境の変化も激しいんですが…その一方で、どこでも使うような表現ではありますが、この会社は風通しが良くて働きやすい会社だなと思いますね。あとはゲームが好きな人が集まっていて、同じ想いを共有できる人がいることも僕にとってはモチベーションにつながります。 ―入社の経緯は? ゲーム攻略ライターをやりたいとずっと前から思っていたんです。それで最初は、ゲームライターの仕事が東京にしかないと思っていたんで、バイトをしてお金を貯めてから東京へ行こうと思いコーヒー店で働いていました。バイトの仲間には「夢を追いかけてるから今ここでバイトしている」という人もいて、そういう人たちからの「夢があるなら追いかけたほうがいいよ」という後押しもあり、そこで上京し… 続きを読む

インタビューVOL.9

2017/7/18 17:01 Published by

第9回は千尋.Sさんにインタビュー。様々な仕事経験を経たのち、「ゲームに恩返ししたい」という気持ちが沸き起こり、ゲーム会社で働くことを決意して転職。今年4月からSAMBARで働いている。「ゲームの楽しさを多くの人に伝えたい」という強い思いが一貫して伝わってくるインタビューとなった。 ー会社での仕事内容や役割を教えてください。 自社サイト「SAMURAI GAMERS」の記事制作と、弊社主催のゲームの大会の企画運営を任されています。 記事制作では、今は「ハースストーン」というゲームタイトルのリーダーをやっています。僕は、札束の殴り合いみたいなスマホゲームではなく、同じ土俵で戦って競い合うコンシューマーゲームのほうが好きなんです。だからそういうゲームの面白さを伝えたい。実は転職の際、他に一社受けて内定を貰っていたんですが、この会社を選んだ理由には、「コンシューマーゲームをやっている」ということがありました。ハースストーンは夢に出てくるほどやってます(笑)。面白いです! ゲーム大会についてはまだ企画段階なんですが、これも前からやりたいと思っていたことです。「SAMURAI GAMERS」の知名度・ブランド力を上げることが第一の目的ですが、それと同時に、僕は「ゲーム大会への敷居を下げたい」という思いも持ってこの仕事に取り組んでいます。みんなで集まってスマブラやるのとかそれってめっちゃ楽しい… 続きを読む

インタビューVOL.8

2017/7/12 15:28 Published by

第8回は今年で入社三年目となる後安さんにインタビュー。後安さんはゲームライターとして、またチームのリーダーとして、自社サイト「SAMURAI GAMERS」運営メンバーを引っ張っていく立場にある。今回のインタビューでは、個人として感じている仕事のやりがいや目標などとともに、メディア運営全般に関わることについても語ってくれた。 ―役割や仕事内容は? 入社当初からずっとゲームライターをやっています。今はライティングをやりつつ、リーダーとしての役割も担っています。ゲーム攻略サイト「SAMURAI GAMERS」の運営で、第一線の少し上の役割をやってる感じかなと思います。誰々にこういう記事を書いてほしいとか、この記事はこう編集したほうがいいかもとか考えて指示を出したり…あとは細々した仕事をやっています。SEOチェックしたり、サイトのトップページ更新したり…トップページから各コンテンツへの導線を綺麗に結んだりするのも僕の役目なので、責任は重いですね。 ―入社した経緯は? この会社の創設メンバーである神野に誘われて、入社しました。僕はゲームの仕事をしようという思いでここに来たわけではなかったんです。ゲーム攻略サイトは他の人よりもいろいろ見てきたほうだと思いますが、まさかそれが仕事につながるとは思っていませんでした。ゲームに関わる仕事といえば、ゲーム会社でゲームを作るか、プロゲーマーになるか、そ… 続きを読む

インタビューVOL.7

2017/7/6 17:59 Published by

今回は、今年4月に入社し、SAMBAR最年少でありながらマルチに活躍している大久保さんにインタビュー。 ―会社でのポジションは? 制作部門に所属していて、役職はプログラマーです。メイン業務はゲーム開発、その次にゲームライターの仕事向上のためのツール開発、あとはサーバー関連の仕事も徐々に役割に入ってきているかなと思います。また、ゲーム部門の仕事を手伝うこともあります。 ―メイン業務のゲーム開発では現在どんなことをしていますか? HTMLで文字色を変える時などに16進数で色を表現する仕組みがあるんですが、それを使ったゲームの制作をやっています。これは今年4月の入社時からスタートしています。思った以上に難しく、想定していたよりも時間がかかっていますが、今のところ大きなバグなどには直面せず順調に進んでいるとは思います。 ―やりがいはどんなところにありますか? 自分が書いたプログラムが、実際に目の前で思った通りに動いている瞬間を見る時が、一番やりがいを感じます。「ああよかった」と。これはゲームの開発にもツールの開発にも共通して言えることです。 ―制作物が完成するまでにかかる時間はどのくらいですか? 完成までの時間は、ゲームに関してはどれぐらいのクオリティにするかで期間が変動しますが、今作っているのは三か月くらいで完成するんじゃないかという見込みです。ツールは今までのもので言うと、一週間くらい… 続きを読む

インタビューVOL.6

2017/6/29 13:30 Published by

第六回は、天野さんにインタビュー。まだ入社して三か月の今だからこそ感じる、この仕事やこの会社についての所感を聞いてみた。 ―天野さんは現在、どんな仕事をしていますか? ゲームライターをやっていて、今は「ファイナルファンタジー14」の記事作成を担当しています。前から自分がやりたかったゲームタイトルで、入社面接時にもこれをやってみたいですと自分から言い出していた、ちょうどそのタイミングで、SAMBARの自社サイト「SAMURAI GAMERS」が海外進出に踏み出していて、「ファイナルファンタジー14」はオンラインゲームで海外ユーザーも多いため良いのではないかという話にもなっており、実際やることになりました。 ―入社して間もなく、注力タイトルの仕事に関わったんですね。 そうですね。それについては嬉しいという気持ちもありましたし、ライター経験が浅いので不安な部分もありました。 ―実際やってみて、ゲームライターの仕事はどうですか? ライター経験がなかったことは入社時から不安でしたが、実際書いてみたら楽しかったです。何かをやったことない人に対して説明してあげる、わからないことを人に教えるということは現実でもあることで、ゲーム攻略記事もそれに似たところがあります。「困った人がいたら助けてあげたい」という気持ちは僕の根本的な考え方にあるところなので、それについて苦に思うことはないです。 それに僕は… 続きを読む

インタビューVOL.5

2017/6/26 10:08 Published by

第五回はライターの伊山さんにインタビュー。今回は、仕事のやりがいや入社した経緯などについて話してもらった。 ―会社での役割や仕事内容を教えて下さい。 ゲーム部門でライター業務を担当していて、今年で一年目になります。新規ゲームの攻略記事を書いて、自社サイトを作っていくのが主な仕事です。 ―どんなところがやりがいですか? 「自分で情報を発信して、それに価値が付いてお金が生まれる」ということにやりがいを感じますね。現段階ではまだまだ成果が十分ではないので偉そうなことをいえる状況ではないという自覚はあるんですけども… 主な業務が、以前は委託業務としてのライティングだったんですが、今は自社サイトの運営に変わっています。そこで「どういう情報が価値を持つのか見極める」という根本的なところをやる仕事が増えていて、面白いです。具体的には、一つのゲームについてどういう情報を発信していくかという全体的な構成を考えていく仕事で、このゲームは経験値稼ぎが大事なのか、キャラクターの特徴の情報が求められているのか、それとも武器の作り方の情報が優先なのか…など、ユーザーが求めてる情報を見極めなければいけません。WEBライターは、営業とは違って、目に見えないお客さんに向けて情報を発信しますから、そこが難しいところで、面白いところでもあります。 ―SAMBARに入社したきっかけは何ですか? 前職は外回りの営業という、… 続きを読む

インタビューVOL.4

2017/5/26 18:00 Published by

第四回は、入社三年目で今年の春からフィリピンで働いている越智さんにインタビュー。 仕事に対する姿勢や、フィリピンでの生活についてを中心に話を聞いてみた。   ー会社での役割は? 職名で言えばシステムエンジニアになりますが、会社でのポジションは基本的に「WEB系の便利屋」という感じです。こういうのを作ってほしいという要望があれば、それを作り、機能追加などの要望にも応じています。 現在は、上司の福山さんと共にフィリピンで働いています。自社のゲームメディアサイト「SAMURAI GAMERS」や、自社用管理アプリなどの、設計・構築を主に担当しています。以前は委託業務も行っていましたが、現在は社内のシステムに関する仕事が増えてきて、社内業務のみになっています。   ー現在の仕事のやりがいはどんなところにありますか? 自分が手掛けてきたものをみんなに使ってもらえていることが実感できる時はシンプルに嬉しいです。アナリティクスを活用したり、社内の意見を取り入れたりしながらより良いものにしていくことにやりがいを感じますし、プライベートの時間もその改良に当てたくなるほどです。   ―現在のフィリピンでの仕事環境は、日本と比較してどうですか? 仕事環境としては特に違いを感じないです。 フィリピン子会社にいる現地社員とは仕事上で会話することはほとんどないですが、同じオフィス… 続きを読む

インタビューVOL.3

2017/5/23 10:23 Published by

第三回は、今年で入社三年目となる秋山さんにインタビュー。三年目といってもSAMBAR社員の中では古参であり、現在は自身の仕事だけでなく新人教育も行っているリーダーである。 今回のインタビューでは、仕事や会社について秋山さんが考えていることについて聞いてみた。   ―会社での役割、仕事内容を教えて下さい。 入社時からやっているのは、ゲームプレイして攻略記事を書くという内容のライティングで、最近はゲームの発売情報やアップデート情報などを紹介するニュース記事も担当しています。 それに加え、今年の4月から新入社員が増え、新人教育も担当しています。現状の割合では記事制作が業務の7~8割ですが、次発売のゲームは新人主体でやっていくので、そこでは自分がやるというよりも教育のウエイトが重くなるかもしれません。   ―仕事の得意分野、やりがいはどういったところですか? 文章表現は上手いと褒めて頂けることが多いと思います。また、仕事として文章を書くので、ただ上手い表現を書くだけではなくて、その記事でPV数を稼ぐ、目に見える成果出すということはやりがいになっています。 入社前に「ゲーム攻略ライター」という職名を聞かされた時は、正直、「そんなんでいいのか?」と思っちゃったんですが(笑)。でも、当時からゲーム部門のトップだった大森さんに、「とても専門性の高い仕事だよ」と言われたのを覚えて… 続きを読む